過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「令和元年10月公表」の過去問をランダムに出題

問題

貫流ボイラー(小型ボイラーを除く。)の附属品について、AからDまでの記述のうち、法令に定められているものを全て挙げた組合せは、次のうちどれか。

A  過熱器には、ドレン抜きを備えなければならない。
B  給水装置の給水管には、給水弁及び逆止め弁を取り付けなければならない。
C  起動時にボイラー水が不足している場合及び運転時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。
D  吹出し管は、設けなくてもよい。
   1 .
A, B
   2 .
A, B, C
   3 .
A, C, D
   4 .
B, C, D
   5 .
C, D
( 二級ボイラー技士試験 令和元年10月公表 関係法令 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は3.になります。

A.過熱器にはドレン抜きを備えなければなりません。

B.逆止め弁は必要ありません。給水弁のみでOKです。

C.特に貫流ボイラーは大容量のボイラーに使用されるので、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければなりません。

D.吹出し管は、設けなくてもよいです。

よって、3.が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正答は「3」です。

設問は、貫流ボイラ(小型ボイラを除く。)の附属品のうち、法令で定められている要件について問われています。

以下に、附属品の要件ごとに説明します。

 A ボイラー構造規格第77条第3項に「過熱器には、ドレン抜きを備えなければならない。」
   と、記載されています。これは、貫流ボイラではない蒸気ボイラであれば同様です。

 B ボイラー構造規格第75条ただし書きに「貫流ボイラー及び最高使用圧力0.1MPa未満の蒸気ボイラーにあっては、給水弁のみとすることができる。」
   と、記載されています。

 C ボイラー構造規格第84条第3項に「貫流ボイラーには、当該ボイラーごとに、起動時にボイラー水が不足している場合及び運転時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。」
   と、記載されています。

 D ボイラー構造規格第78条第1項に「蒸気ボイラー(貫流ボイラーを除く。)には、スケールその他の沈殿物を排出することができる吹出し管であって吹出し弁又は吹出しコックを取り付けたものを備えなければならない。」
   と、記載されているため、貫流ボイラには吹出し管を設置しなくても問題ありません。

以上により、A、C、Dが法令に定められた記載をされていますので、選択肢3が正しいことがわかります。

正答は「3」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。