過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

二級ボイラー技士「ボイラーの構造に関する知識」の過去問をランダムに出題

問題

温水ボイラー及び蒸気ボイラーの附属品について、誤っているものは次のうちどれか。
   1 .
水高計は、温水ボイラーの水面を測定する計器で、蒸気ボイラーの水面計に相当する。
   2 .
温水ボイラーの温度計は、ボイラー水が最高温度となる箇所の見やすい位置に取り付ける。
   3 .
逃がし管には、途中に弁やコックを取り付けてはならない。
   4 .
逃がし弁は、水の温度が 120℃ 以下の温水ボイラーで、膨張タンクを密閉型にした場合に用いられる。
   5 .
温水暖房ボイラーの温水循環ポンプは、ボイラーで加熱された水を放熱器に送り、再びボイラーに戻すために用いられる。
( 二級ボイラー技士試験 令和2年4月公表 ボイラーの構造に関する知識 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正答は「1」です。

設問は、温水ボイラ及び蒸気ボイラの附属品について問われています。

以下に、選択肢ごとに説明します。

 1.水高計は、温水ボイラの圧力を測定する機器で、蒸気ボイラの圧力計に相当します。
   低い圧力での取り扱いなので、SI(国際単位系)採用以前はmmH2O(水柱)単位が採用されていたためです。
   名前が紛らわしいので、注意してください。
   なお、水高計の代えて圧力計を取り付けても構いません。(ボイラー構造規格第67条第1項)

 2.温水ボイラの温度計は、ボイラ水が最高温度となる箇所の見えやすい位置に取り付けます。

 3.逃がし管は、途中に弁やコックを取り付けてはいけません。
   逃がし管からボイラ水が溢水する状況に至った場合、万が一途中にある弁などが閉止されていた場合、最悪ボイラの破損に繋がります。
   そのため、ボイラに用いられる逃がし管には弁を設けてはいけないことになっています。

 4.水の温度が120℃以下の温水ボイラで、膨張タンクを密閉型にした場合は、安全装置として逃し弁が用いられます。
   120℃を超える場合は、安全弁が求められます。

 5.温水暖房ボイラの温水循環ポンプは、ボイラで加熱された水を暖房器に送って、再び温水ボイラに戻すために用いられます。

以上の説明により、選択肢1が誤っていることがわかります。

正答は「1」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.誤りです。
水高計は、温水ボイラーの圧力を計るものであり、蒸気ボイラーの圧力計に相当します。

2.正解です。
通常取付位置は、一番温度が高くなる温水出口付近になります。

3.正解です。
逃がし管は、蒸気ボイラーの安全弁に相当します。
いかなる時でも閉塞した状態になってはいけません。もちろん、バルブの取り付けも不可です。

4.正解です。
逃がし弁は、逃がし管が無い場合と膨張タンクが密閉式の場合において、120℃以下の温水ボイラーに使用されます。

5.正解です。
温水循環ポンプは、ボイラーと温水熱源使用場所との間で、温水を循環する用途で用いられます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この二級ボイラー技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。