過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP2級「2017年9月」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 120問 正解) 全問正解まであと120問
泰子さんの母の文子さんは、在宅で公的介護保険のサービスを利用している。文子さんが平成29年8月の1ヵ月間において利用した公的介護保険の在宅サービスの費用が20万円である場合、下記<資料>に基づく介護(在宅)サービス利用者負担額合計として、正しいものはどれか。なお、文子さんは公的介護保険における要介護1の認定を受けており、サービスを受けた場合の自己負担割合は1割であるものとする。また、同月中に<資料>以外の公的介護保険の利用はないものとし、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
問題文の画像
 1 . 
16,692円
 2 . 
33,080円
 3 . 
49,772円
 4 . 
66,464円
( FP技能検定2級 2017年9月 実技 )

この過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
公的介護保険は自己負担割合が原則1割となっています。ただし、食費・居住費は除きます。要介護の程度に応じて支給限度額があり、限度額を超えると超過分は自己負担となります。

資料より、要介護1の場合をみていきます。
・利用限度額 :166,920円…①
・自己負担1割:16,692円…②
・サービス費用:200,000円…③
・利用者負担額:③-①+②=49,772円

よって、正解は3.49,772円となります。
評価後のアイコン
2018/06/23 22:49
ID : tyawdvxmm
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3.です。

設問によると、文子さんは公的介護保険における要介護1の認定を受けており、サービスを受けた場合の自己負担割合は1割であるものとする、とあります。

資料より、要介護1の利用限度額は166,920円となっています。このラインまでは1割負担、これを超えたものが全額自己負担となります。

・サービス費用200,000円-利用限度額166,920円=33,080円
・166,920円の1割負担=16,692円

33,080円+16,692円=49,772円となります。
評価後のアイコン
2019/08/14 12:06
ID : quocyujtbs
評価する
0
評価しない
【正解 3】

「文子さんは公的介護保険における要介護1の認定を受けており、サービスを受けた場合の自己負担割合は1割である」と記載されています。そのことを踏まえて〈資料〉部分の要介護1の利用限度額をみてみると166,920円と記載されています。これは166,920円までは1割負担、166,920円以上は自己負担になるということです。

在宅サービスの費用が20万円ですので、
200,000円−166,920円=33,080円(自己負担)
166,920円の1割=16,692円(1割負担部分)
33,080円+16,692円=49,772円

サービス利用者負担額合計は49,772円となります。
評価後のアイコン
2019/07/07 13:17
ID : ndqqcader
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このFP2級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。