過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP2級「2020年1月」の過去問をランダムに出題

問題

貴博さんは、将来を見据え後期高齢者医療制度について理解を深めたいと思い、FPの安藤さんに質問をした。後期高齢者医療制度に関する下表の空欄( ア )〜( エ )に入る適切な語句を語群の中から選び、その語句の組み合わせが正しい選択肢を選びなさい。
<設例>


〈語群〉
1. 健康保険協会  2. 後期高齢者医療広域連合  3. 国民健康保険団体連合会
4. 65歳    5. 70歳  6. 75歳
7. 1割     8. 2割  9. 3割
10. 被保険者  11. 夫婦  12. 世帯
問題文の画像
   1 .
( ア )3  ( イ )5  ( ウ )8  ( エ )10
   2 .
( ア )2  ( イ )6  ( ウ )7  ( エ )10
   3 .
( ア )3  ( イ )6  ( ウ )9  ( エ )12
   4 .
( ア )2  ( イ )5  ( ウ )7  ( エ )12
( FP技能検定2級 2020年1月 実技 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
【正解2】

後期高齢者医療制度の保険者(運営主体)は、「後期高齢者医療連合」で、各市町村が保険料の徴収、および給付申請の受付を行っています。

また、被保険者は「75歳」以上の高齢者、もしくは65歳以上75歳未満で所定の障害の状態にある旨の認定を受けた人です。

一部負担金(自己負担)の割合は、原則として「1割」ですが、現役並み所得者は3割となります。また、保険料は「被保険者」単位で所得割額と均等割額の合計額が徴収されます(広域連合(都道府県)により額は異なります)。

以上より、( ア )2( イ )6( ウ )7( エ )10
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
【正解 : 2】

2 .( ア )2  ( イ )6  ( ウ )7  ( エ )10

後期高齢者医療制度は、75歳以上の人(または65歳以上75歳未満の障害認定を受けた人)で、運営主体は後期高齢者医療広域連合です。
自己負担の医療費は原則1割で、現役並みの所得がある人は3割です。
保険料は被保険者単位で、均等割額と所得割額の合計額を徴収します。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は、2です。

(ア)後期高齢者医療制度の保険者は、「後期高齢者医療広域連合」です。
(イ)後期高齢者医療制度の被保険者は、「75歳」以上の人です。
(ウ)後期高齢者医療制度の被保険者の自己負担割合は、原則として「1割」です。
(エ)後期高齢者医療制度は、個人単位で加入する制度であるため、保険料は「被保険者単位」で徴収されます。

よって、正解は
2 .( ア )2  ( イ )6  ( ウ )7  ( エ )10
となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このFP2級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。