過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP2級「学科」の過去問をランダムに出題

問題

非上場企業の事業承継対策等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
   1 .
経営者への役員退職金の原資の準備として、契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人を法人、被保険者を経営者とする終身保険などの生命保険に加入することが考えられる。
   2 .
経営者が保有している自社株式を役員である後継者に取得させる場合、後継者にとってその取得資金の負担が大きいときには、あらかじめ後継者の役員報酬を増加させるなどの対策を講じることが考えられる。
   3 .
「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例」の適用を受ける場合、相続時精算課税制度の適用を受けることはできない。
   4 .
「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例」の適用を受けた場合、後継者が先代経営者から贈与を受けたすべての非上場株式が、その特例の対象となる。
( FP技能検定2級 2020年9月 学科 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
解答 3

1.○
事業継承をする際には、後継者が株式を全部もしくは大部分を受け継ぐことになります。株式を譲渡によって受け継ぐ際には、株式に対する多額の資金が必要になり、株式を贈与や相続によって受け継ぐ際には、贈与税や相続税のための資金が必要になります。
契約者および死亡保険金受取人を会社、被保険者を経営者とする終身保険に加入することで、経営者の相続時に死亡退職金の財源を確保することができます。

2.○
後継者に株式を取得させる際に、株式取得資金の負担が大きい場合には、あらかじめ後継者の役員報酬を増やすことで、取得しやすくすることも考えられます。決められた後継者の株式取得が進めば、後継者争いの可能性も低くなります。

3.✕
「非上場株式等に付いての贈与税の納税猶予及び免除の特例等」は、後継者が贈与を受けた非上場株式に対応する贈与税の支払いを、一定の要件を満たせば猶予するというものです。事業の継承を行う同族企業の税負担を少なくし、円滑な事業継続を支援する制度です。
この特例を適用した上で、相続時精算課税制度の適用を受けることもできます。

4.○
現在の特例措置では、後継者が先代経営者から贈与を受けたすべての非上場株式が、その特例の対象となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
【正解3】
[1]適切
経営者への役員退職金の原資の準備として、契約者および死亡保険金受取人を法人、被保険者を経営者とする終身保険などの生命保険に加入することが考えられます。
[2]適切
経営者が保有している自社株式を役員である後継者に取得させる場合、後継者の取得負担が大きいときには、あらかじめ後継者の役員報酬を増加させるなどの対策を講じることが考えられます。
[3]不適切
「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例」と、相続時精算制度は併用することが可能です。
[4]適切
「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例」の適用を受けた場合、後継者が先代経営者から贈与を受けたすべての非上場株式が、特例の対象となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このFP2級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。