過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

オートマチック車で長い下り坂を走行するときには、エンジンブレーキを使い、フットブレーキは補助的に使用するとよい。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

オートマチック車・マニュアル車に関わらず、
長い坂道を自動車で下る際にはエンジンブレーキを低速ギアに切り替え、
出来るだけフットブレーキだけに頼らない速度調整を心掛けるべきです。

というのもフットブレーキを踏み続けることでブレーキパッドに許容範囲を超える熱が発生し、
摩擦係数が下がることでブレーキが効かなくなってしまうためです。
この状態を『フェード現象』というので合わせて覚えておくとよいでしょう。

2015/07/08 16:43
ID : othcyvkus
0

正解は○。

長い下り坂でフットブレーキを使い続けると、摩擦でブレーキが過熱し、最終的にブレーキが効かなくなる恐れがあります。

平地より一段階から二段階ギアを落としてエンジンブレーキを有効に使えば、下り坂も安心です。

フットブレーキは、坂の途中の急カーブや信号、停止時などで補助的に使うとよいでしょう。

2015/05/02 11:49
ID : tduhfmhdhn
0

長い下り坂でブレーキを酷使するとブレーキオイルが熱くなり、沸騰し、気泡によりブレーキが効かなくなることがあります。

また、ブレーキを酷使すると熱によりブレーキの摩擦力が低下して、ブレーキが効きにくくもなります。

そのため、長い下り坂ではエンジンブレーキを主に使い、急減速が必要なときにフットブレーキを併用すると良いです。

2014/05/31 08:04
ID : httzvqnx
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。