過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

オートマチック車は、チェンジレバーが「P」か「N」以外に入っている場合には、アクセルペダルを踏まなくても、車がゆっくりと動き出す。この現象をクリープ現象という。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

マニュアル車にはないオートマチック車特有の現象として『クリープ現象』があります。
(クリーピング、摺り足現象などとも言われます。)

これはチェンジレバーが「P(パーキング)」か「Nニュートラル」以外に入っている場合、
すなわち「D(ドライブ)」「R(リバース)」「2(セカンド)」などに入っている場合は、
アクセルペダルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象のことを言います。

2015/07/08 17:03
ID : othcyvkus
0

正解は○

クリーピング現象という表記をすることもある。

オートマチック車の場合は、停止時の措置をしっかりとしていれば怖いものではない。

2015/05/02 12:00
ID : tduhfmhdhn
0

クリープ現象とは、チェンジレバーが「D(ドライブ)」や「R(リバース)」に入っているとき、アクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象のことです。

渋滞時などにスピードを調整しやすいという点や、坂道発進の時に車両が後退しないというメリットがあります。
その一方で、ドライバーの意思に反して車が動き出すため、衝突事故を起こしやすいというデメリットもあります。

2014/05/25 16:40
ID : httzvqnx
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。