過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ハイドロプレーニング現象とは、雨の日の高速走行などで、タイヤが浮いてハンドルやブレーキが効かなくなる現象のことである。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

高速で走行中に水たまりなどに侵入した際、タイヤが水の上に乗り上げて路面と接触しなくなる現象で、
ハンドルやブレーキなどの操作が一切効かなくなる危険性があります。

ハイドロプレーニング現象が起きた場合、ブレーキは踏まずにタイヤを真っ直ぐにして
アクセルをゆっくり緩めてタイヤと路面が接触するのを待つのが正解です。

2015/07/08 18:26
ID : othcyvkus
0

正解は○

問題文のとおりです。

大雨の日は少し速度を落として走行するのが安全です。

2015/05/02 16:55
ID : tduhfmhdhn
-1

その通りです。

ハイドロプレーニング現象とは、自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象のこと。です。
(Wikipediaより)

2014/05/29 21:26
ID : httzvqnx
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。