過去問.com

普通自動車免許 学科試験    自動車免許 過去問 | 無料の過去問題

問題

ブレーキをかけてから車が停止するまでの距離は、速度が同じであれば路面の状態に関係なく常に一定である。

 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
この自動車免許 過去問の解説(2件)
1

ブレーキをかけてから車が停止するまでの距離(制動距離)は,速度が同じであっても路面の状態によって変わります。

運転者が危険を感じてからブレーキを踏み,ブレーキが効き始めるまでに進む距離を「空走距離」といい,ブレーキを扱ってから車が停止するまでの距離を「制動距離」といいます。この2つを合わせたのが,車が停止するのに必要な距離である停止距離となります。

ここで,制動距離は速度が同じあっても,路面の状態によって大きく変わってきます。すべりにくさを数値化したものを「摩擦係数」といい,この数値が大きいほど滑りにくく,逆に小さいほど滑りやすくなります。摩擦係数は,道路が乾燥している時よりも濡れている時の方が小さく(滑りやすい),コンクリートやアスファルトで舗装されている道路よりも砂利道や鉄板の上などの方が小さくなります(滑りやすい)。

また,重い荷物を積んでいたり,タイヤがすり減っている場合,制動距離がさらに長くなります。

滑走しないようにブレーキを扱うには,停止位置目標まで十分な距離がある位置からブレーキペダルを軽く踏んでブレーキランプを2~3回程度点滅させて後続車に注意を促し(ポンピングブレーキ),徐々にブレーキを強くして停止位置に静かに停止できるよう,ブレーキを上手く加減して停止位置直前でブレーキを緩めます。

2015/02/23 19:57
ID : tggzqpftgx
付箋メモを残すことが出来ます。
0

ブレーキをかけてから車が停止するまでの距離(制動距離)は、速度が同じでも路面の状態により変化します。

雨や雪により路面が濡れていたり凍結していたりする場合は、摩擦が少なく止まりにくいため制動距離は長くなります。

2015/07/08 19:15
ID : othcyvkus
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 普通自動車免許の授業
  • まだ、授業がありません。
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この自動車免許 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。