普通自動車免許の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

自動車免許の過去問 第11844問 出題

問題

交通違反や事故を起こした場合、運転者は刑事上の責任、行政上の責任、民事上の責任を負うことがある。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない

この自動車免許 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解は「1」の「○」です。

交通事故を起こした場合は「刑事」「行政」「民事」の
三つ全ての責任が科せられます。

刑事処分とは「罰金」や「懲役」、「禁固刑」などの処分のこと。

行政処分とは「違反点数」や「反則金」、「免許の停止や取消」などの処分のこと。

民事責任とは「慰謝料」や「治療費」、「修理費」などの
責任を負うこと、です。
評価後のアイコン
2015/03/24 11:21
ID : rhqafrzjt
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
交通違反や交通事故を起こした場合、運転者として
刑事上の責任、行政上の責任、民事上の責任の3つの責任を負わなければいけません。

刑事上の責任とは懲役、禁固、罰金など
行政上の責任とは免許の取り消しや停止処分など
民事上の責任とは損害賠償です。
評価後のアイコン
2017/07/04 20:15
ID : yukayrqnf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。