過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高速走行によりタイヤの表面がはがれて破裂する危険性が高くなることをスタンディングウェーブ現象という。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

スタンディングウェーブ現象とは、
空気圧が低いタイヤを使用して高速走行を行った場合に、タイヤの接地面より後方が波状に変形する事をいいます。
この波が重なり合うとより大きな波となり、タイヤのバーストに繋がります。

2014/05/31 07:57
ID : httzvqnx
0

正解は「1」の「○」です。

長時間の高速走行では、タイヤに負荷がかかり、
タイヤの変形が大きくなっていきます。
その為タイヤが熱を持ち、表面が剥がれて破裂する現象(バースト)を
『スタンディングウェーブ現象』と呼びます。

バーストまで至らなくとも、ホイルとゴム部分が剥離するなどの危険性もあります。

高速道路上ではタイヤのトラブルが死を招きます。
高速道路を通行する事が予めわかっている時は、タイヤを含む車輌の
事前点検を怠らないようにしましょう。

2015/03/24 11:26
ID : rhqafrzjt
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。