過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高速道路を通行するときのタイヤの空気圧はやや低めにする。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は×です。

タイヤの空気圧が低い状態で高速道路を走行すると、タイヤの後ろに波の形が現れます。
これを「スタンディングウェーブ現象」といいます。
この状態で走行を続けると、タイヤが加熱していき、やがてゴムがはがれて破裂する危険があります。

高速道路を走行するときは、この現象を防止するために、タイヤの空気圧をやや高めにしましょう。

2015/03/20 17:50
ID : cmhvkofkxq
0

高速道路を通行する時、タイヤの空気圧は高めにします。

タイヤの空気圧が低いとタイヤが車重で押しつぶされ、路面とタイヤの摩擦が増えるのでタイヤが発熱しバーストしやすくなります。

また、自転車のタイヤの空気が少ないときを考えてみて欲しいのですが、タイヤの空気が少ないと自転車を漕ぐのが大変です。

つまりタイヤの空気圧が低いと、燃費も悪くなります。

2014/05/25 14:43
ID : httzvqnx
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。