過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

自動車免許の過去問「第11983問」を出題

問題

速度が速くなるほど停止距離は長くなるが、制動距離は短くなる。
 1 . 
正しい
 2 . 
正しくない
( 普通自動車免許 学科試験 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
停止距離とは、車が停止するまでに必要な距離です。
空走距離+制動距離が停止距離となります。

空走距離とは、運転者が危険を感じてからブレーキをかけ、ブレーキが実際にきき始めるまでの間に車が走る距離をいいます。
制動距離とは、ブレーキがきき始めてから停止するまでの間に車が走る距離をいいます。

速度が速くなるほど、空走距離も制動距離も長くなるので停止距離も長くなります。
評価後のアイコン
2018/03/25 23:20
ID : yukayrqnf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
速度が速くなるほど空走距離も制動距離も長くなり,結果停止距離は長くなります。

なお,車が停止するのに必要な距離のこと停止距離といい,次の2つを足したものが停止距離となります。
①空走距離
 …運転者が危険を感じてブレーキを踏み,ブレーキが効き始めるまでに進む距離。
②制動距離
 …ブレーキが効き始めてから車が停止するまでに進む距離。

制動距離は,
・現在の速度
・道路の種類(アスファルト? 砂利道?)
・路面の状態(乾燥している? 濡れている?)
・積んでいる荷物の量
・タイヤの摩耗状態
などによって大きく変わります。速度が速いとき,アスファルトより砂利道,乾燥状態より濡れている状態,多くの荷物を積んでいる状態,タイヤがすり減っている状態のとき,制動距離は長くなります。

また,空走距離は速度に比例して変化し,制動距離は速度の2乗に比例して変化します。
評価後のアイコン
2015/05/03 01:07
ID : tggzqpftgx
評価する
0
評価しない
速度が速くなるほど、制動距離も停止距離も長くなります。

制動距離は、おおむね速度の2乗に比例して長くなります。

車の速度が2倍になると、制動距離は2×2で4倍の長さになります。
速度が3倍になると、制度距離は3×3で9倍の長さになります。

速度の2乗とは、その数字を2回掛けることです。
速度が4倍になると、制度距離は4×4で16倍の長さになります。

※制動距離とは、実際にブレーキが効き始めてから止まるまでの距離のことです。
※空走距離とは、自動車を停止させる必要があるとドライバーが感じた瞬間から、ブレーキを掛け始めるまでに自動車が走る距離のことです。
※空走距離と制動距離を足したものを停止距離といいます。
評価後のアイコン
2014/05/17 16:48
ID : httzvqnx
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この自動車免許 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。