過去問.com

普通自動車免許 学科試験  過去問題 | 無料の試験問題

問題

内輪差とは車が右左折するときに後輪が前輪よりも内側を通ることによる、前輪と後輪の軌跡の差のことである。

 1 . 
 2 . 
×
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

その通りです。

自動車が曲がるとき後輪は必ず前輪が通った後より内側を通ります。
大型車ほどその差が大きくなるので人や物に当たらないようにまた溝に落ちたりしないようにしましょう。

2015/06/17 20:17
ID : dbagotnhem
1

その通りです。

車が右左折するとき、前輪より後輪の方がより歩道側を通ります。

その為、その点に注意して右左折をしないと、障害物にぶつかったり、人を巻き込んでしまったりします。

くれぐれも注意して運転をしましょう。

2014/05/29 23:24
ID : httzvqnx
0

正解は○

問題文の通りです。

後輪は前輪よりも内側(曲がろうとする方向)を通過します。

駐車場等で発進時に隣の車両にぶつけてしまうケースは割と多いので、注意しましょう。

なお、車両が大きくなると、内輪差と逆に、車の後部が外側(曲がろうとする方向と反対)に張り出す「リアオーバーハング」が起こることも覚えておくとよいでしょう。

2015/05/13 20:21
ID : tduhfmhdhn
border line
普通自動車免許の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。