過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)の過去問 | 予想問題 2021年5月公開問題 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識 問11を出題

問題

[ 設定等 ]
次の中から正しいものを選びなさい。
   1 .
日本語の話せない患者に対しての通訳サービス、ろうあ者に対しての手話通訳サービスは医療機関のサービスとして行うものである。
   2 .
予防接種はいかなるものであっても、自己負担となり、各医療機関で価格を決めることができる。
   3 .
保険証は毎月必ず提示してもらい、保険変更による返戻等がないように留意する義務がある。
   4 .
感染症対策のため、マスクをしていない患者に対しては診察を拒否することができる。
   5 .
待ち時間が長くてクレームをつけてくる患者に対しては、事情を丁寧に説明してお待ちいただくか、改めての来院を促す。
( 医療事務の過去問/予想問題 2021年5月公開問題 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識 問11 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない

正解は5番です。

1→療養の給付とは直接関係のないサービスのため、患者から実費請求ができます。(自治体等のサービスによる場合は除きます)

2→乳幼児の予防接種、高齢者の肺炎球菌予防接種等公費負担のある予防接種もあります。

3→保険証は毎月確認することが望ましいですが、義務ではありません。

4→マスクの着用がないだけの理由で診察拒否はできません。親切丁寧にマスク着用を促すか、購入を促しましょう。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。