過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

栄養教育を受けたことが、地域(コミュニティ)のエンパワメントヘと展開した事例である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
食教育を受けた大学生が、地域の安全・安心な食材を選び、自分で料理を作るようになった。
 2 . 
食育講演会の参加者が、地域で自主グループをつくり、食育活動を進めた。
 3 . 
地城での糖尿病教室の受講者が、食生活を見直し、手作り弁当を持参するようになった。
 4 . 
病院で減塩教育を受けた患者が、減塩食レシピを地域の料理コンテストに応募した。
 5 . 
保健指導を受けた者が、健康に配慮した地域の飲食店を選ぶようになった。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解:2

エンパワメントとは一方的な教育をすることではなく、個人や組織の間で互いに対話・傾聴・行動といった過程を経て、自身や社会のコントロールをしていく力を得ることを言います。

1.食教育を受けた大学生が、地域の安全・安心な食材を選び、自分で料理を作るようになったというのは、個人の行動変容のため当てはまりません。

2.食育後援会の参加者が、地域で自主グループをつくり、食育活動を進めたというのは、エンパワメントになります。

3.地域での糖尿病教室の受講者が、食生活を見直し、手作り弁当を持参するようになったというのは、個人の行動変容のため当てはまりません。

4.病院で減塩教育を受けた患者が、減塩食レシピを地域の料理コンテストに応募したというのは、個人の行動変容のため当てはまりません。

5.保健指導を受けた者が、健康に配慮した地域の飲食店を選ぶようになったというのは、個人の行動変容のため当てはまりません。

2016/07/29 15:49
ID : opbapyocf
0

正解は、2です。

エンパワーメントとは、一方的な教育ではなく、 個人や組織間で互いに対話 ― 傾聴 ― 行動 という過程を経て、自分たちや社会をコントロールする力を得ることです。

今回の問題は、その中でも「個人」から「集団」へ行動展開したものを回答として求めています。

1 .個人の行動変容です。

2 .〇
「地域で自主グループをつくり、食育活動を進めた」とあるため、「集団」の行動変容です。

3 . 教育は集団で受けていますが、実行したのは個人です。

4 . 個人の行動変容です。

5 . 個人の行動変容です。

2015/11/16 11:30
ID : nbfwghucx
0

正解は 2 です。

地域において、エンパワメント(自分たち自身の力で切り開いていくこと)が起こっているものはどれかということを念頭に選択肢を選ぶと、2が該当します。それ以外の選択肢は、一個人における栄養教育効果にとどまっています。

2015/03/01 16:16
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。