過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

職域におけるメタボリックシンドローム予防を目的とした栄養教育の環境目標の例である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
1日に必要なエネルギー摂取量の目安がわかる者の割合を、現状の60%から80%にする。
 2 . 
社員食堂で提供するヘルシーメニューの割合を、現状の0%から20%にする。
 3 . 
主食・主菜・副菜のそろった食事をしている者の割合を、現状の50%から80%にする。
 4 . 
社員食堂を利用する者の割合を、現状の70%から90%にする。
 5 . 
BMI 25.0 kg/m2以上の者の割合を、現状の40%から30%にする。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は、2です。

環境目標とは、自分がいる環境(学校・職場・家庭等)を改善に関する目標のことです。

1 . 学習目標です。

2 . 〇

3 . 行動目標です。

4 . 行動目標です。

5 . 結果目標です。



2015/11/16 17:38
ID : nbfwghucx
0

正解:2

社員食堂で提供するヘルシーメニューの割合を上げることは社員のためになっているので正しいと言えます。

1.一日に必要なエネルギー摂取量の目安が分かる者の割合を増やすことは学習目標になります。
3.主食・主菜・副菜のそろった食事をしている者の割合を増やすことは食行動に関わる目標になります。

4.社員食堂を利用する者の割合を増やすことは食堂に行くという食行動に関わる目標になります。

5.BMI25.0kg/m2以上の者の割合を減らすことは体を改善するための結果目標になります。

2016/08/01 13:18
ID : opbapyocf
0

正解は 2 です。

「環境目標」とあるので、社員自身の知識・行動・検査値に該当するものは除外し、職場の環境に関するものを選びます。

2015/03/01 16:35
ID : xcqtoykmkd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。