管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15123問 出題

問題

医薬品とその作用の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
DPP-4 阻害薬 ----------- 血糖降下
 2 . 
スルホニル尿素(SU)薬 --- 骨吸収抑制
 3 . 
HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)--- 血圧降下
 4 . 
カルシウム拮抗薬 -------- コレステロール合成抑制
 5 . 
アロプリノール ----------- 赤血球合成

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は、1です。

1 .〇

2 . スルホニル尿素(SU)薬 --- 膵臓のβ細胞に働きかけ、インスリンの分泌を促進します。

3 . HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)--- MG-CoA還元酵素のはたらきを阻害してコレステロールの合成を抑制します。

4 . カルシウム拮抗薬 -------カルシウムチャネルを塞いで血管拡張を促します。そのため、血圧は低下します。

5 . アロプリノール -------キサンチンオキシダーゼを阻害します。尿酸の生成抑制となり、結果尿酸値を低下させます。
評価後のアイコン
2015/11/18 09:32
ID : nbfwghucx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

2:スルホニル尿素薬は、インスリン分泌を刺激し、血糖降下を促します。

3:HMG-CoA還元酵素阻害薬は、HMG-CoA還元酵素のはたらきを阻害し、コレステロール合成を抑制します。

4:カルシウム拮抗薬は、カルシウムチャネルをふさぐことで、血管平滑筋細胞の収縮を抑え、血管を広げて、血圧を低下させます。

5:アロプリノールは、キサンチンオキシダーゼを阻害することによって、尿酸の生成を抑制し、尿酸値を低下させます。
評価後のアイコン
2015/03/07 14:56
ID : xcqtoykmkd
評価する
1
評価しない
正解:1

DPP-4阻害薬は血糖が降下します。糖尿病の症状改善などに使われます。

2.スルホニル尿素(SU)薬はインスリン分泌を促進します。

3.HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)はコレステロールの合成を抑制します。

4.カルシウム拮抗薬は血圧降下作用があります。

5.アロプリノールは尿酸酸性抑制作用があるため高尿酸血症改善などに使われます。痛風発作発生予防にもなります。
評価後のアイコン
2016/08/01 18:59
ID : opbapyocf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。