過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ホモシスチン尿症の治療において制限すべきアミノ酸である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
アラニン
 2 . 
グルタミン
 3 . 
メチオニン
 4 . 
シスチン
 5 . 
フェニルアラニン
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 3 です。

ホモシスチン尿症は、メチオニンの代謝産物であるホモシステインが血中に蓄積することにより発症します。ホモシステインの重合体がホモシスチンです。

2015/04/02 06:41
ID : xcqtoykmkd
1

正解:3

ホモシスチン尿症とは先天性代謝異常症のひとつです。ホモシスチン尿症ではシスタチオニンβ合成酵素が欠損していることで起こります。そのため、血中・尿中のホモシスチン増加、血中メチオニン増加、シスチン低下が起こります。

よって、低メチオニン、高シスチンにしなければならないため解は3です。

5のフェニルアラニンは、フェニルケトン尿症で制限します。

2016/08/03 17:00
ID : opbapyocf
1

正解は、3です。

ホモシスチン尿症は、シスタチオニン合成酵素の欠損で起こります。常染色体劣性遺伝し、新生児20万人に1人の割合で発症します。

ホモシスチン尿症の症状は、水晶体脱臼、骨粗鬆症、長身、くも状指、精神運動発達遅延、痙攣、血栓塞栓症などがあります。

2015/11/27 09:57
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。