過去問.com

第28回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

成人を対象とする特定給食施設における、日本人の食事摂取基準(2010年版)に基づく1日当たりの給与目標量の設定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
鉄は男女が混在する施設では、女性の基準を適用する。
 2 . 
炭水化物エネルギー比率は、50%を超えないようにする。
 3 . 
脂肪エネルギー比率は、30%を下回らないようにする。
 4 . 
エネルギーは、推定エネルギー必要量(EER)より多くする。
 5 . 
たんぱく質は、推定平均必要量(EAR)とする。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

※食事摂取基準2015年版に基づいて解説しています。

1.鉄は、女性の方が多く欠乏する可能性があることから摂取基準も女性の方が高く設定されています。よって、女性の基準を適用するので、正しい答えとなります。

2.炭水化物エネルギー比率は、65%を超えないようにします。(2010年版では、70%を超えないようにします)

3.脂肪エネルギー比率は、20%を下回らないようにします。

4.エネルギーは、推定エネルギー必要量(EAR)を参考値とし、BMIが目標とする範囲内に留まっている者の割合を増やすよう給与目標量を設定します。(2010年版では、エネルギーは推定エネルギー必要量とします)

5.たんぱく質は、推定平均必要量(EAR)ではなく、推奨量(RDA)とします。

2016/04/25 18:46
ID : hvhomzxu
0

1.○ 日本人の食事摂取基準(2010年版)では30~49歳の区分で見た場合の推奨量は男性7.5㎎、女性11.0㎎(月経あり)です。女性の方が高く設定されている為、女性を基準とします。

2.× 炭水化物エネルギー比率は50%以上~70%未満です。

3.× 脂質エネルギー比率は30%未満です。また、男女30歳以上は25%未満です。(妊婦、授乳婦は20%以上~30%未満です。)

4.× エネルギーは、推定エネルギー必要量を目標とします。

5.× 推定平均必要量は50%の人が必要量を満たすと推定される1日の摂取量であるため、目標値にはできません。成人の場合、たんぱく質は推奨量を目標とするのが適切です。

よって正解は1です。 

2016/03/17 12:48
ID : rwxunyjf
0

1、鉄は女性の方がやや摂取基準が高いので、女性の基準を使います。

2、炭水化物は50~70%で設定します。

3、脂肪エネルギー比率は30%を超えないように設定します。

4、エネルギー摂取量は、推定エネルギー摂取量を基準に設定します。

5、推定平均必要量は50%の人が必要量を満たすものなので、目標量には設定しません。

2015/06/24 12:31
ID : ufmgroyhr
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。