過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

学校保健統計調査による、むし歯(う歯)の未処置歯がある者の割合の学校別推移の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
小学校:上昇傾向 ----- 高等学校:上昇傾向
 2 . 
小学校:低下傾向 ----- 高等学校:低下傾向
 3 . 
小学校:上昇傾向 ----- 高等学校:変化なし
 4 . 
小学校:変化なし ------ 高等学校:低下傾向
 5 . 
小学校:低下傾向 ----- 高等学校:上昇傾向
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正しい組合せは、
【小学校:低下傾向ー高等学校:低下傾向】です。

虫歯の未処置の歯がある者の割合は、1980年代から全体的に低下傾向にあります。予防技術の向上や、虫歯に対する情報の浸透により、低下していると考えられています。

2015/07/05 11:06
ID : ycckspwhv
0

正解は 2 です。

社会・環境と健康/保健・医療・福祉の制度からの出題です。

虫歯が未処置であるかどうかについては、小学校・中学校・高等学校に関わらず、ここ5~6年いずれも低下の傾向にあります。

2016/08/09 09:21
ID : oovsedpp
0

正解は2.【小学校:低下傾向―高等学校:低下傾向】です。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校いずれも未処置歯のあるものの割合は低下傾向にあります。
なお、平成27年度の未処置歯があるものの割合は、小学校で25.00%、高等学校で22.58%です。

2016/04/18 10:45
ID : hyqgtumzsd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。