過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
脂肪酸のβ酸化は、脂肪酸を水と二酸化炭素に分解する過程である。
 2 . 
骨格筋細胞は、脂肪酸をグルコースに変換する作用をもつ。
 3 . 
アラキドン酸は、オレイン酸から産生される。
 4 . 
コレステロールは、身体活動のエネルギー源となる。
 5 . 
肝細胞内で生成したクエン酸は、脂肪酸の合成材料となる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正しいものは、
【5.肝細胞内で生成したクエン酸は、脂肪酸の合成材料となる。】です。
 グルコースから脂肪酸を合成する際に、クエン酸回路が使われるためです。

1.脂肪酸のβ酸化は、ミトコンドリアで行われ、アシルCoAからアセチルCoAが合成されます。

2.骨格筋に限らず、体内では脂肪酸をグルコースに変換することはできません。
アセチルCoAがクエン酸回路に入るためには、オキサロ酢酸がアセチルCoAを反応する必要があるため、糖新生の経路の進むことができないからです。

3.アラキドン酸は、リノール酸から合成することができるが、オレイン酸からリノール酸を合成することができないので、オレイン酸からアラキドン酸を産生することはできません。

4.コレステロールは、生体膜の成分や、ステロイドホルモン等に利用されるが、アセチルCoAに分解することはできないので、エネルギー源としては使用できません。

2015/07/09 17:36
ID : ycckspwhv
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝からの出題です。

1.β酸化は、脂肪酸を酸化してアセチルCoAを取り出す過程です。

2.動物は脂肪酸をグルコースに変換することはできません。

3.アラキドン酸はリノール酸から産生されます。

4.コレステロールはエネルギー産生ではなく、胆汁酸やステロイドホルモンを合成するために利用されます。

5.正しい記載です。細胞内のクエン酸が過剰になると脂肪酸の合成材料となります。

2016/08/09 10:17
ID : oovsedpp
0

正解は5.【肝細胞内で生成したクエン酸は、脂肪酸の合成材料となる。】です。
ミトコンドリア内で生成されたアセチルCoAはクエン酸回路を経てクエン酸となり、さらにクエン酸は細胞質でアセチルCoAとオキサロ酢酸へ分解されます。
このアセチルCoAが細胞質に送られ、脂肪酸に合成されます。

以下、詳細の説明です。

1.脂肪酸のβ酸化は、脂肪酸のβ位の炭素が酸化され、α位とβ位の炭素間の結合が切断されてアセチルCoAを生成する反応です。

2.骨格筋細胞は、脂肪酸をグルコースに変換する作用をもちません。
生体内では、脂肪酸をグルコースに変換することはできません。
糖質以外からグルコースを産生する反応(糖新生)では、乳酸やグリセリン、アミノ酸などからグルコースが生成されます。

3.アラキドン酸は、リノール酸から産生されます。
n-6系の多価不飽和脂肪酸は、主としてリノール酸として摂取され、生体内ではアラキドン酸に代謝されます。

4.コレステロールは、細胞膜や血清リポタンパク質の主要構成成分であり、生体内においてステロイドホルモンやビタミンD₃、胆汁酸の生成などに関わります。
身体活動のエネルギー源にはなりません。

2016/04/26 18:18
ID : hyqgtumzsd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。