管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15296問 出題

問題

嚥下障害・誤嚥に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
きざみ食は、誤嚥を起こしにくい。
 2 . 
温度が体温程度である食事は、誤嚥しやすい。
 3 . 
認知症患者は、誤嘸を起こしにくい。
 4 . 
とろみをつけたお茶は、誤嚥しやすい。
 5 . 
誤嚥を防ぐには、食物嚥下時に顎を上げる。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
正解は 2 です。

1:きざみ食は、口の中でばらばらになり、誤嚥を起こしやすいです。

2:温度が体温程度である食事は、温度刺激が少なく嚥下反射が起きにくいため、誤嚥しやすいです。

3:認知症患者は、誤嚥を起こしやすいです。

4:とろみをつけたお茶は、嚥下障害で喉頭閉鎖が不十分でも気管に入りにくいため、誤嚥しにくいです。

5:誤嚥を防ぐには、食物嚥下時に顎を引きます。
評価後のアイコン
2015/03/30 08:00
ID : zserdqsf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 2 です。

応用栄養学/高齢期からの出題です。

1.きざみ食は食塊が形成しにくいので、誤嚥を起こしやすくなります。

2.正しい記載です。

3.認知症患者では誤嚥を起こしやすいので、注意が必要です。

4.とろみをつけると誤嚥を起こしにくくなります。

5.誤嚥防止には、食物嚥下時に顎を引くようにすると有効です。
評価後のアイコン
2016/10/30 21:09
ID : oovsedpp
評価する
0
評価しない
1.きざみ食は食塊を形成しにくいため、誤嚥を起こしやすいです。

2.食事が体温と同程度の場合、温度による刺激が乏しいため嚥下反射が遅延し、誤嚥しやすくなります。
よって、正しい答えとなります。

3.認知症の患者は、誤嚥を起こしやすいです。

4.水状のものよりも、とろみをつけたものの方が誤嚥しにくいです。

5.誤嚥を防ぐには、頸部を前屈させて顎を引いた状態にします。
評価後のアイコン
2016/08/01 19:56
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。