過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)の栄養・食生活の項目の中で、最終評価で改善がみられたものである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
適正体重を維持している人の割合
 2 . 
朝食を欠食する人の割合
 3 . 
メタボリックシンドロームを認知している国民の割合
 4 . 
野菜の摂取量
 5 . 
カルシウムに富む食品の摂取量
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 3 です。

公衆栄養学/健康・栄養問題の現状と課題からの出題です。

1:適正体重を維持している人の割合は最終評価でC(変わらない)でした。

2:朝食を欠食する人の割合は、最終評価でD(悪化している)でした。

3:目標値80%以上に対し、92.7%となり、達成されました。

4:野菜の摂取量については最終評価でC(変わらない)でした。

5:カルシウムに富む食品の摂取量は最終評価でD(悪化している)でした。

2016/03/20 22:02
ID : oovsedpp
1

正解は 3 です。

健康日本21は、2010年を目途に、国民の健康寿命の延伸等を実現するべく始まった取り組みです。
2005年に中間評価、2010年に最終評価を行い、その結果を以降の健康づくり運動に反映させることとしています。

各項目の達成状況の評価は5つに分類されています。

A:目標値に達した
B:目標値に達していないが改善傾向にある
C:変わらない
D:悪化している
E:評価困難

1:適正体重を維持している人の割合は「変わらない」

2:朝食を欠食する人の割合は「悪化している」

4:野菜の摂取量は「変わらない」

5:カルシウムに富む食品の摂取量は「悪化している」

2015/05/25 08:06
ID : zserdqsf
0

◎健康日本21
一次予防によって健康寿命を延ばすことを最大の目的に①栄養・食生活、②身体活動・運動、③休養・こころの健康づくり、④たばこ、⑤アルコール、⑥歯の健康、⑦糖尿病、⑧循環器病、⑨がんの9つの分野について具体的な目標値を設定し、5年ごとに評価をします。

1. 適正体重を維持している人の割合は、C「変わらない」であったので誤となります。40~60歳代女性の肥満者の割合は目標に向けて改善し、20~60歳代男性の肥満者の割合は増加したが、平成12年以降の肥満者の増加傾向は鈍化しています。

2. 朝食を欠食している人の割合は、D「悪化している」となっており誤となります。20歳代男性の割合は変わらないが30%を超えていて、30歳代の割合は悪化しています。

3. メタボリックシンドロームを認知している国民の割合は、目標80%以上に対し、92.7%とA「目標値に達成している」とあるので正となります。

4. 野菜摂取量は、C「変わらない」ので誤となります。平成9年では292g、平成21年では295gとほとんど変わっておらず、目標の350g以上も達成できていません。

5. カルシウムに富む食品の摂取量は、D「悪化している」となっており誤となります。緑黄色野菜は変わりませんが、牛乳・乳製品、豆類の摂取量は減少しています。

よって正解は、3. となります。

2016/09/30 22:04
ID : ftvfcgqaq
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。