過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

給食経営管理における栄養・食事管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
顧客満足度は、食事管理の評価の対象にならない。
 2 . 
栄養管理の対象は、献立の成分値である。
 3 . 
給食の品質目標には、栄養教育の目標を反映させる。
 4 . 
カフェテリア方式では、食事管理ができない。
 5 . 
栄養管理の目標は、調理従事者の健康管理である。
この問題の解説(4件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 3 です。

栄養・食事管理の主な項目は、以下のとおりです。
・対象者(喫食者)の把握
・給与栄養目標量の設定
・献立作成、供食、栄養教育の実施
・評価

1:顧客満足度は、食事管理の評価の対象になります。

2:栄養管理の対象は、献立の成分値ではなく、予め設定した給与栄養目標量です。

4:カフェテリア方式でも、食事管理は可能です。
対象者の喫食内容や量を個別にコントロールすることはできませんが、対象者全体に見合った献立を作成し、供食することは可能です。

5:栄養管理の目標は、調理従事者ではなく対象者(喫食者)の健康管理です。

2015/07/01 07:33
ID : zserdqsf
0

正解は3.【給食の品質目標には、栄養教育の目標を反映させる。】です。

1.×
顧客満足度も食事管理の評価の対象になります。
給食利用者の個人を満足させる食事の提供を基本とします。
そのためにも、利用者の栄養アセスメントを丁寧に行い、
利用者個人の状況を把握することが大切です。

2.×
栄養管理の対象は、給食利用者の給与栄養目標量です。
栄養アセスメントで得られた情報に基づき、
食事摂取基準を用いて設定します。

3.○
給食の品質目標には、栄養教育の目標を反映させます。
給食を通じて、利用者が食事や食生活についての正しい理解と
望ましい習慣を形成できるよう、教育・援助することが必要です。

4.×
食事の種類ごとに給与栄養目標量を設定しているので、
カフェテリア方式でも食事管理はできます。
ただし、栄養素などの摂取が過不足にならないよう、
1食分として望ましい献立を提示するなど、利用者が望ましい組み合わせが
しやすいよう工夫することが必要です。

5.×
栄養管理の目標は、給食利用者の健康管理です。

2016/09/30 20:30
ID : hyqgtumzsd
0

正解:3

給食の品質目標には、栄養教育の目標を反映させます。

1.顧客満足度は食事管理の評価の対象になります。

2.栄養管理の対象は対象者の給与栄養目標量です。

4.カフェテリア方式とは主食、主菜、副菜等を一品量として提供して、利用者が自分で好きに料理を選択して1食分を組み立てる方式です。そのため、食事管理をすることはできると考えられます。

5.栄養管理の目標は給食喫食者の健康管理です。

2016/07/05 20:04
ID : opbapyocf
-1

栄養管理の対象は患者さんや利用者様です。
カフェテリア方式では自由に食事を選べるので、栄養管理は難しいです。
栄養管理の目標は患者さんです。

2015/06/16 15:24
ID : ufmgroyhr
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。