過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者の身体活動・運動に関する記述である。正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
国民健康・栄養調査では、運動習慣のある者の割合は、20歳代に比べて低い。
 2 . 
健康日本21では、「日常の歩行速度の向上」を目標に掲げている。
 3 . 
最大酸素摂取量は、年代が進むほど高くなる。
 4 . 
介護予防事業の中に、運動器の機能向上がある。
 5 . 
買い物や散歩などの外出は、健康維持のために有用である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 4・5 です。

社会・環境と健康/生活習慣(ライフスタイル)の現状と対策からの出題です。

1:国民健康・栄養調査の結果では、20歳代よりも60歳代、70歳代での運動習慣のある者の割合が高くなっています。

2:健康日本21で目標に掲げられているのは、歩行数の向上です。

3:最大酸素摂取量とは有酸素性能力などとも言われ、体力の構成要素のうち全身持久力の指標となるものです。最大酸素摂取量は年代が進むと低くなります。

4・5:記載の通りです。

2016/03/27 11:43
ID : oovsedpp
0

1.国民健康・栄養調査では、運動習慣のある者の割合は、20歳代と高齢者では高齢者の方が高いです。
平成24年の調査では、70歳以上が約4割、20歳代が約2割との結果が出ました。

2.健康日本21では、「日常生活における歩数の増加」を目標に掲げています。
現在は、健康日本21の結果を受けて、平成25年度より健康日本21(第2次)が開始されていて、1500歩の歩数増加が目標値として示されています。

3.最大酸素摂取量は、年代が進むほど低くなります。
最大酸素摂取量とは、単位当たりの酸素摂取量の最大値のことで、全身持久力の指標となります。

4.介護予防事業の中には、運動器の機能向上のほか、口腔機能向上や栄養改善などがあります。
よって、正しい答えとなります。

5.買い物や散歩などで外出することにより、運動することにもつながるので、結果的に健康を維持することもできます。
よって、正しい答えとなります。

2016/09/17 21:43
ID : hvhomzxu
0

正解は 4・5 です。

1.国民健康・栄養調査では、運動習慣のある者の割合は、20歳代に比べて高くなっています。

2.健康日本21では、「日常の歩行数の向上」を目標に掲げています。

3.最大酸素摂取量は、年代が進むほど低くなります。

2015/06/18 17:55
ID : qbdskssuxd
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。