過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 応用力問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

正常高値血圧の40~69歳の男性40名(降圧薬は服薬していない)を対象として、8週間の減塩教室を行った。教室開始前と終了後の血圧(収縮期血圧)を1回ずつ測定し、比較した。その結果、教室終了後の血圧が有意確率(危険率)5%で判断して、有意に低下した。
この教室で用いた減塩プログラムの効果を、より適切に評価するための方策である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
途中で脱落した人を解析対象から除外する。
 2 . 
教室開始前と終了後に行う血圧測定を1回から2回に増やす。
 3 . 
複数の集団において同様のことを試す。
 4 . 
ランダム化比較対照試験(RCT)を行う。
 5 . 
減塩指導を行わない群を設定する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1. 途中で脱落した人を除外すると、プログラムの効果を適切に評価できないので誤となります。

2. 血圧の測定回数が多いほど正確なデータがとれるため評価の精度はあがるので正となります。

3. 複数の集団で行うことで、多くのデータが集まり、評価の精度もあがるので正となります。

4. ランダム化比較対象試験(RCT)とは、対象者を2つの集団に分け、一方には介入を行い、もう片方には前者とは異なる通常のことなどを行い、介入の効果を検証することをいいます。比較することでプログラムの効果の評価における精度があがるので正となります。

5. 減塩指導を行わない対照群を設定することで、評価の精度があがるので正となります。

よって正解は、1. となります。

2016/05/31 00:21
ID : ftvfcgqaq
0

1.× 絶対数を少なくしてしまうことは適切な評価につながりません。

2.○ 血圧測定回数が多いほど評価の精度が上がります。

3.○ 標本数が多いほど評価の精度が上がります。

4.○ ランダム化比較対照試験(RCT)とは介入する群としない群の2つに分ける際に無作為に分けて行う試験の事です。主に臨床研究で用いられています。

5.○ 対照群を作ることで適切に評価できるようになります。

よって正解は1です。

2015/08/02 06:28
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。