管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15596問 出題

問題

厚生労働省は、平成22年4月に米中のカドミウムの成分規格を「玄米及び精米中に0.4 mg/kg以下」と改正した。その根拠となった健康障害である。正しいのはどれか。
 1 . 
腎機能障害
 2 . 
造血器障害
 3 . 
末梢神経障害
 4 . 
肝機能障害
 5 . 
中枢神経障害

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
カドミウムとは土壌中などに含まれる重金属です。

カドミウムを含むを食品を摂取することでカドミウムの一部が体内に吸収され、主に腎臓に蓄積します。尿細管の再吸収機能障害により腎機能障害を引き起こす可能性があります。

我が国においては米から摂取する割合が多く、1日の摂取量の4割は米からと推定されています。
評価後のアイコン
2015/07/24 13:03
ID : rwxunyjf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
カドミウムがもし、体内に入ると、主に腎臓に蓄積されます。
つまり、カドミウム濃度の高い食品を長期間にわたって摂取することで、腎臓の機能が悪化することになるということです。

よって、正しい答えは1番の腎機能障害です。
評価後のアイコン
2017/03/30 18:51
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
◎カドミウム…鉱物中や土壌中などに天然に存在する重金属です。農畜水産物に蓄積し、それらを食品として摂取することで、カドミウムが体内に吸収され、腎臓に蓄積し腎機能障害を引き起こすことがあります。

よって正解は、1. となります。
評価後のアイコン
2016/05/31 21:35
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。