過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第25回 一覧  >   社会・環境と健康 問題15603
問題

管理栄養士 過去問
社会・環境と健康 問題15603

A県における健康づくり対策の取組を評価するために調査を企画した。たばこ対策に関する評価指標として、誤っているのはどれか。

 1 . 
地方たばこ税の歳入額
 2 . 
公共の場における分煙の実施率
 3 . 
学校におけるたばこに関する教育の取組件数
 4 . 
禁煙プログラムを提供している市村町の割合
 5 . 
受動喫煙について正しい知識をもつ住民の割合
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

1.× たばこ税には国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税の3つがあります。
地方たばこ税の歳入額は人口によって大きく異なる為、たばこ対策の評価指標にはなりません。

よって正解は1です。

2015/08/25 15:12
ID : rwxunyjf
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は1.【地方たばこ税の歳入額】です。

健康増進法に基づいて策定された「健康日本21」によると、
たばこに関する対策として、以下の4つを目標に掲げています。

①喫煙が及ぼす健康影響についての知識の普及
②未成年の喫煙をなくす。
③公共の場や職場での分煙の徹底、及び、効果の高い分煙についての知識の普及
④禁煙、節煙を希望する者に対する禁煙支援プログラムを全ての市町村で受けられるようにする。

選択肢2~4はこれらの目標に合致しているため、正しい評価指標といえます。
よって、目標に当てはまらない「1.地方たばこ税の歳入額」が誤っている選択肢です。
なお、たばこ税はたばこに課税される個別消費税で、
地方たばこ税は地方自治体が課税するものです。

2017/01/03 13:58
ID : hyqgtumzsd
0

正解は 1 です。

社会・環境と健康/生活習慣(ライフスタイル)の現状と対策からの出題です。

たばこに関しては、健康日本21内で以下の目標が掲げらえています。
・喫煙の健康影響に関する知識の普及
・未成年者の喫煙をなくす
・公共の場・職場における分煙の徹底と効果の高い分煙に関する知識の普及
・禁煙支援プログラムの普及

選択肢のうちこれらに該当しないのは、地方たばこ税に関する事項ですので、1が正答となります。

2016/05/02 08:38
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。