過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「健康づくりのための睡眠指針(厚生労働省、平成15年)」で推奨されている事項である。誤っているのはどれか。

 1 . 
ぬるめの入浴
 2 . 
寝酒
 3 . 
短い昼寝
 4 . 
覚醒時の日光への曝露
 5 . 
朝食の摂取
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 2 です。

社会・環境と健康/生活習慣(ライフスタイル)の現状と対策からの出題です。

なお、出題当時から指針が更新され、現在では「健康づくりのための睡眠指針2014~睡眠12箇条~」が出されています。

1.ぬるめの入浴を睡眠前に行うと、リラックス効果が期待できるため、推奨されています。

2.寝酒は一見入眠には役立ちますが、眠りの質が悪くなるので、おすすめできるものではありません。

3.短い昼寝は午後三時前後に20分程度であれば、午後の眠気をやり過ごすことができる良い方法ですが、あまり長いものはかえってリズムを狂わせるため、良いものとは言えません。

4.覚醒時に日光を浴びると、体内時計がリセットされて生活リズムを整えるのに役立ちます。生活リズムが整えば、夜の眠りのリズムも整ってくるため、良い習慣であると言えます。

5.朝食を摂取することも、体内時計のリセットに関連しているといわれています。心と身体を目覚めさせることから、生活リズムが整います。

2016/05/03 10:18
ID : oovsedpp
0

健康づくりのための睡眠指針とはより充実した睡眠についてのわかりやすい情報を提供することを目的に「健康日本21」の睡眠について設定された目標に向けて具体的な実践を進めていく手だてとして策定されたものです。

快適な睡眠のための7か条
第1条;快適な睡眠でいきいき健康生活
第2条;睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター
第3条;快適な睡眠は自ら創り出す
第4条;寝る前に自分なりのリラックス法、眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる
第5条;目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン
第6条;午後の眠気をやりすごす
第7条;睡眠障害は専門家に相談

1.○ 第4条に記載

2.× 第3条に寝酒は睡眠の質を悪くするとあります。
第4条に記載
3.○ 第6条に記載

4.○ 第5条に記載

5.○ 第1条に記載 朝食は心と体の目覚めに重要、夜食はごく軽く

よって正解は2です。

2015/08/27 10:06
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。