過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

ある人を糖尿病と確定診断するための根拠である。正しいものの組合せはどれか。

  a 空腹時血糖値124 mg/dL
  b 食後3時間の血糖値226 mg/dL
  c 口渇、多飲、多尿、体重減少などの典型的な症状の存在
  d  確実な末梢神経障害の存在

 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
cとd
 4 . 
aとd
 5 . 
bとc
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

糖尿病の診断基準は
①空腹時血糖値≧126㎎/dL以上
②随時血糖値≧200㎎/dL以上
③75gOGTT(ブドウ糖負荷試験)2時間値≧200㎎/dL以上
①~③のいずれか
また
④ヘモグロビンA1C6.5%以上
にて診断されます。
症状として口渇、多飲、多尿、体重減少などがあります。
確実な末梢神経障害の存在は合併症として挙げられますが、それだけでは診断基準とはなりません。

よって正解は5(bとc)です。

2015/12/04 15:05
ID : rwxunyjf
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解は5.【bとc】です。

次の①~④のいずれかが確認されれば「糖尿病型」と判定され、
①~③のいずれかと④が確認されれば糖尿病と診断されます。

①早朝空腹時血糖値126mg/dL以上
②75gOGTT2時間値200mg/dL以上
(75gOGTT2時間値とは、75gのブドウ糖を摂取した状態で計測する血糖値を指します。)
③随時血糖値200mg/dL以上
(随時血糖値は、特に食事と関係なく計測した血糖値を指します。)
④HbA1C(国際標準値)6.5%以上

よって、b.の選択肢は上記②に当てはまり、正しい選択肢といえます。

また、糖尿病の典型的な症状として、
口渇、多飲、多尿、多食、体重減少、体力低下、疲労感などがあります。
よって、c.も正しい選択肢といえます。

2017/01/03 14:49
ID : hyqgtumzsd
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/栄養障害と代謝疾患からの出題です。

a:空腹時血糖値は126㎎/dl以上が診断基準です。

b:正しい記載です。随時血糖値が200㎎/dl以上で、かつ食後3時間の血糖値が226㎎/dlであれば診断されます。

c:正しい記載です。典型的な症状として挙げられることばかりです。

d:末梢神経障害は他の疾患でも見られます。

正しい組み合わせがbとcですので、正解は 5 です。

2016/05/10 08:57
ID : oovsedpp
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。