管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15720問 出題

問題

経腸栄養を実施する場合の注意点に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 空腸瘻からの成分栄養剤の投与は、持続注入とする。
  b 誤嚥性肺炎を予防するためには、上半身を挙上して投与する。
  c 4週間を越える長期経腸栄養の場合には、経鼻投与とする。
  d 半消化態経腸栄養剤は、投与開始時には2倍に希釈する。
 1 . 
aとb
 2 . 
bとc
 3 . 
cとd
 4 . 
aとc
 5 . 
aとd

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
◎経腸栄養法とは、チューブを使用する経管栄養法で、カテーテルを口や鼻、手術により胃や腸に挿入して栄養液を注入する方法です。

a. 成分栄養剤は浸透圧が高く、下痢などの合併症を伴う場合があるので、空腸瘻からの成分栄養剤の投与は、少量を持続注入します。よって正となります。

b. 誤嚥性肺炎を予防するためには、体位に注意することが必要で、胃からの逆流時を予防できるため正となります。

c. 経鼻経路を使用するのは、4~6週間以下で終了すると予測される場合ですので誤となります。4~6週間を超える長期使用が可能なのは胃瘻、腸瘻となります。

d. 半消化態経腸栄養剤は、希釈する必要はないので誤となります。

よって正解は、1.aとb となります。
評価後のアイコン
2016/12/25 16:26
ID : ftvfcgqaq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
a.空腸瘻から成分栄養剤を投与するときは、持続注入します。
正しい答えです。

b.誤嚥性肺炎を予防するためには、上半身を起こして投与します。
正しい答えです。

c.4週間を越える長期経腸栄養では、胃瘻、腸瘻投与とします。

d.半消化態経腸栄養剤は、投与開始時には必ずしも希釈する必要はありません。
希釈を行うことにより、細菌感染する確率が高くなります。

上記より、正しい選択肢の組合せは、aとbで1番が正しい答えです。
評価後のアイコン
2016/06/27 22:18
ID : hvhomzxu
評価する
1
評価しない
a正解です。
空腸瘻からの成分栄養剤は、食道や十二指腸などの上部消化管が障害されていて、導入されることが多いため下痢予防のためゆっくりと持続投与にします。

b正解です。胃からの逆流を防ぐため上半身を起こしたセミファーラー位やファーラー位とします。

c長期の経鼻投与は、患者にチューブの留置による違和感があるため好ましくありません。長期経腸栄養の場合は胃瘻や空腸瘻の増設を検討します。

d半消化態栄養剤は、希釈せずにそのまま用います。経腸栄養剤は、基本的にそのまま用います。

評価後のアイコン
2015/08/24 23:35
ID : oanwvaozo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。