過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

薬剤の作用と適応に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
ビグアナイド薬は、インスリン分泌促進作用がある。
 2 . 
HMG-CoA還元酵素阻害薬は、Ⅴ型高脂血症に適応がある。
 3 . 
カルシウム拮抗薬は、高尿酸血症に適応がある。
 4 . 
ステロイド薬は、血糖低下作用がある。
 5 . 
α-グルコシダーゼ阻害薬は、食後血糖値の上昇を抑制する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.スルホニル尿素薬は、インスリン分泌促進作用があります。
ビグアナイド薬とは、主に肝臓に作用する糖新生を抑制する薬です。

2.HMG-CoA還元酵素阻害薬は、高コレステロール血症に適応があります。

3.カルシウム拮抗薬は、高血圧症に適応があります。

4.ステロイド薬は、血糖上昇作用があります。ステロイド薬は、糖新生を亢進させます。

5.α-グルコシダーゼ阻害薬は、二糖類の分解を抑制する作用を持っています。つまり、食後血糖値の上昇を抑制するということです。
よって、正しい答えです。

2016/06/30 18:41
ID : hvhomzxu
1

1. ビグアナイド薬は、肝臓での糖新生の抑制や小腸での糖吸収の抑制作用があります。
インスリンの分泌促進作用がある薬には、DPP-4阻害薬やGLP-1アナログ注射があります。

2.HMG-CoA還元酵素阻害薬は、コレステロールを合成するHMG-CoA還元酵素を阻害します。
Ⅴ型の脂質異常症は、コレステロールではなく中性脂肪が高いのが特徴であるため有効とは言えません。

3.カルシウムは、筋肉を収縮させるため血管を圧迫します。カルシウム拮抗薬によって血管を拡張することで、血圧の上昇を防ぎます。

4.ステロイド薬には血糖の上昇作用があります。ステロイド薬は糖質コルチコイドであり、強い炎症の抑制作用に加えて糖新生を促進するからです。

5.正解です。α-グルコシターゼは二糖類を分解し単糖にするため血糖上昇に関与しています。

2015/08/24 23:33
ID : oanwvaozo
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。