過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

ビタミン・ミネラルの欠乏に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
銅 ----------------- 血中好中球数の増加
 2 . 
ビタミンD ----- 高カルシウム血症
 3 . 
ビタミンK ----- 眼球結膜乾燥症
 4 . 
ビタミンC ----- 出血傾向
 5 . 
亜鉛 -------------- 食欲亢進
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

1.銅は欠乏すると、血中好中球数が減少します。

2.ビタミンDは欠乏すると、低カルシウム血症になります。ビタミンDは体内でカルシウムを合成するのに必要なビタミンであるため、欠乏により、子供の場合はくる病、大人の場合は骨軟化症となります。

3.ビタミンKは欠乏すると、血液凝固が遅れます。
眼球結膜乾燥症など目に関する症状は、ビタミンAの欠乏症です。

4.ビタミンCが欠乏すると、出血傾向を示す壊血病になります。
よって、正しい答えです。

5.亜鉛が欠乏すると、味覚障害になります。

2016/06/30 18:48
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1 銅はヘモグロビンの生成を助けているため、不足すると貧血になることがあります。
好中球は、免疫を担当していて細菌感染や細胞が傷害されたときに増加します。

2 ビタミンDは腸管でのカルシウムの再吸収を促進する作用があるため、ビタミンDが不足すると血中カルシウムが減少して低カルシウム血症になります。

3 ビタミンKは、血液凝固因子のⅡⅨⅦⅩの合成過程で補酵素として働きます。よってビタミンKの欠乏で、血液凝固障害になり出血傾向になります。

4 ビタミンCは結合組織であるコラーゲンの精製に関与しているため、不足すると結合組織合成ができず出血傾向になります。

5 亜鉛の欠乏では、味覚障害や創傷の遅延、成長障害、口内炎、食欲の低下などが起こります。

2015/08/24 23:33
ID : oanwvaozo
0

1. 銅の欠乏は、骨や血管の異常、神経・精神発達低下、貧血、白血球減少を引き起こします。よって白血球が減少するということは、好中球数も減少するので誤となります。

2. ビタミンDの欠乏は、乳児ではくる病、成人では骨軟化症があります。よって誤となります。

3. ビタミンKの欠乏は出血傾向がみられます。眼球結膜乾燥症はビタミンAの欠乏でみられるので誤となります。

4. ビタミンCの欠乏は、壊血病や色素沈着がみられます。壊血病とは、ビタミンCの欠乏で、コラーゲン形成が障害され、出血傾向が主症状となる疾患であり、正となります。

5. 亜鉛の欠乏は成長遅延、味覚低下、妊娠異常、免疫力低下、暗順応不全、皮膚炎、うつ状態などがみられます。よって誤となります。

よって正解は、4. となります。

2016/12/27 21:07
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。