過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

膵炎に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
急性膵炎の急性期は、経口栄養にする。
 2 . 
慢性膵炎では、糖尿病を合併する。
 3 . 
急性膵炎では、血清リパーゼ値が低下する。
 4 . 
慢性膵炎では、脂肪負荷試験を行う。
 5 . 
慢性膵炎では、グルカゴン分泌能が上昇する。
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

1. 急性膵炎の急性期は、経口摂食と引水の厳禁で、吠え期による体液管理、中心静脈栄養法の適応なので誤となります。

2.慢性膵炎では、膵ランゲルハンス島からのインスリン分泌の不足による糖尿病が半数以上の患者にみられるので正となります。

3. 急性膵炎は血清リパーゼは上昇するので誤となります。

4. 慢性膵炎では、脂肪負荷試験ではなく膵内外分泌機能検査(セクレチン試験、PFD、経口ブドウ糖負荷試験)と画像診断が中心です。よって誤となります。

5. 慢性膵炎では、グルカゴンの分泌は低下するので誤となります。

よって正解は、2. となります。

2016/12/28 22:18
ID : ftvfcgqaq
付箋メモを残すことが出来ます。
0

1.急性膵炎の急性期は、絶飲食とします。

2.慢性膵炎になると、インスリンがうまく分泌されなくなるために糖尿病を合併します。
よって、正しい答えです。

3.急性膵炎では、血清リパーゼ値が上昇します。膵臓細胞中のリパーゼが血液中に出ていくためです。

4.慢性膵炎では、糖負荷試験を行います。この試験により、膵臓のインスリン分泌能を調べることができます。

5.慢性膵炎では、グルカゴン分泌能が低下します。
膵臓の機能が壊れているので、インスリンと同じく、グルカゴンもうまく分泌されません。

2016/06/30 20:26
ID : hvhomzxu
0

膵炎には膵臓の急激な炎症や壊死が起きた急性膵炎と、長期間の炎症による膵蔵の機能低下の慢性膵炎があります。

1 . 急性膵炎の急性期は、経管栄養にします。
膵臓を安静にするため絶飲食、中心静脈栄養を行います。

2 . 正解です。
慢性膵炎では、長期にわたり膵臓が傷害されランゲルハンス島が侵され糖尿病を合併します。

3 . 急性膵炎では、血清リパーゼ値が上昇します。
膵臓の炎症により膵酵素が流出するためです。

4 . 脂肪負荷試験は脂質異常症に行う試験です。
慢性膵炎ではBT-PABA試験を行います。

5 . 慢性膵炎では、ランゲルハンズ島が障害されグルカゴン分泌能が低下します。

2015/08/01 22:31
ID : oanwvaozo
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。