過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

クッシング症候群の病態である。正しいのはどれか。

 1 . 
やせ
 2 . 
低血圧
 3 . 
免疫能亢進
 4 . 
骨粗鬆症
 5 . 
低血糖
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

1.クッシング症候群では、やせではなく中心性肥満がみられます。

2.クッシング症候群では、血圧は高くなります。
コルチゾールはナトリウムの再吸収を促進するため、血圧は高くなります。

3.クッシング症候群では、免疫能は低下します。
副腎皮質ホルモンの過剰が原因で起こるクッシング症候群では、コルチゾールによりNK細胞が壊されるため、免疫能が低下します。

4.コルチゾールにはナトリウムの再吸収のほか、骨吸収の促進や腸管からのカルシウム吸収の抑制作用があるため、骨粗鬆症になりやすくなります。
よって、正しい答えです。

5.クッシング症候群では、血糖値は高くなります。
コルチゾールにより糖新生が亢進し、血糖値が上昇します。

2016/07/01 22:06
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1.痩せではなく、中心性肥満です。

2.高血圧です。
コルチゾールによるアルドステロン作用で
ナトリウムと水が溜まります。

3.免疫能は低下します。
コルチゾールの免疫抑制作用が原因です。

4.正解です。
コルチゾール(ステロイド)により
骨形成が抑制され骨粗鬆症の原因になります。

5.コルチゾールは糖新生を促進し
高血糖になります。

2015/07/24 20:26
ID : oanwvaozo
0

◎クッシング症候群
副腎で分泌されるホルモンのひとつであるコルチゾールというホルモンが過剰に産生することで起こる病気です。主に中年の女性にみられます。肥満や高血圧、糖尿病、うつ、骨粗しょう症、満月様顔貌、皮膚線条などの症状がみられます。

1. 肥満がみられるので誤となります。

2. 高血圧がみられるので誤となります。

3. 免疫力は低下して感染症にかかりやすくなるので誤となります。

4. 骨粗しょう症になりやすいので正となります。

5. 糖尿病の症状があらわれるので誤となります。

よって正解は、4. となります。

2016/12/29 18:07
ID : ftvfcgqaq
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。