過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第25回 一覧  >   臨床栄養学 問題15739
問題

管理栄養士 過去問
臨床栄養学 問題15739

骨粗鬆症のリスクである。正しいのはどれか。

 1 . 
ビタミンB1摂取不足
 2 . 
ビタミンD摂取不足
 3 . 
カリウム摂取不足
 4 . 
果糖摂取不足
 5 . 
エイコサペンタエン酸摂取不足
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
1

1.ビタミンB1摂取不足では、ウェルニッケ脳症がみられ、骨粗鬆症とは関係ありません。

2.ビタミンDは体内でカルシウムの再吸収に大きく関わるビタミンです。つまり、骨形成に大きく関わるということです。
よって、ビタミンDが摂取不足となるとカルシウムが体内でうまく吸収されず骨粗鬆症になりうると考えられます。
正しい答えです。

3.カリウム摂取不足では、体内に溜まったナトリウムが排出されず高血圧となります。

4.果糖摂取不足と骨粗鬆症に因果関係はありません。

5.エイコサペンタエン酸摂取不足で直接病気になりうるとは考えにくいですが、エイコサペンタエン酸には血液をサラサラにする効果があるので、摂取量が少ないと動脈硬化につながります。

2016/07/04 18:17
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
1

骨粗鬆症は、骨からカルシウムやコラーゲンが減少することにより骨量が低下し、骨折しやすくなった状態です。

骨粗鬆症では、カルシウムの再吸収を促進するビタミンDの血中濃度が低下することで、骨からカルシウムを放出させて血中のカルシウム濃度を保つ副甲状腺ホルモンのパラトルモン分泌が促進され、破骨が進み骨密度が低下します。

また骨代謝にかかわるオステオカルシンという物質の合成に必要なビタミンKの欠乏は骨粗鬆症のリスクになります。


女性は加齢によるエストロゲンの分泌低下で破骨細胞が活性化し骨量が大きく減少していくため注意が必要です。
胸椎、腰椎、大腿骨頸部、上腕骨頭部など骨折が起こりやすい部位です。中でも大腿骨頸部骨折は寝たきりの原因となります。

予防できる骨粗鬆症原因因子として極端な食事制限ややせ、運動不足、食塩やリンの過剰摂取などがあります。

正解は2です。

2015/07/24 17:43
ID : oanwvaozo
0

◎骨粗しょう症とは、骨塩量の絶対的に減少した状態であり、骨梁構造が変化し、骨強度が低下する疾患です。
リスクとしては、閉経後のエストロゲン欠乏や老化、クッシング症候群、遺伝性疾患、血液疾患、リウマチ疾患、低栄養、アルコール中毒、カルシウム欠不足、ビタミンD不足、ビタミンK不足、運動不足、飲酒、喫煙などがあげられます。

よって正解は、2. となります。

2016/12/29 22:17
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。