過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第25回 一覧  >   給食経営管理論 問題15767
問題

管理栄養士 過去問
給食経営管理論 問題15767

マーケティング理論を活用した社員食堂の利用率向上のための工夫である。誤っているのはどれか。

 1 . 
イベントメニューの導入
 2 . 
割引クーポン券の発行
 3 . 
食単価契約への切り替え
 4 . 
イントラネットでの献立表の配信
 5 . 
混雑している食堂のレイアウトの見直し
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

3.食単価契約への切り替えを行っても、食費が高くなり利用率の向上が見込まれません。

2015/07/15 14:10
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
0

マーケティング理論において、4Pというものがあり、これはProduct(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)のことを指します。

1.イベントメニューの導入は、Product(製品)に該当します。

2.割引クーポン券の発行は、Price(価格)に該当します。

3.食単価契約への切り替えについては、マーケティング理論のどれにも該当せず、利用率向上につながるとはいえません。
よって、誤った答えとなります。

4.イントラネットでの献立表の配信は、Promotion(販売促進)に該当します。

5.混雑している食堂のレイアウトの見直しは、Place(流通)に該当します。

2017/06/22 20:09
ID : hvhomzxu
0

◎マーケティングの4P
・プロダクト(product)…製品
・プライス(price)…価格
・プレイス(place)…場所
・プロモーション(promotion)…販売促進

1. イベントメニューの導入はマーケティングの4Pのプロモーション(販売促進)になり、利用率向上につながるので正となります。

2. 割引クーポン券の発行はマーケティングの4Pのプライス(価格)とプロモーション(販売促進)になり、利用率向上につながるので正となります。

3. 食単価契約は、食材料費、経費などすべて利用者が支払う方式で、管理費契約や食材料費は利用者、食材料費以外の経費は施設側が支払う方式です。食単価契約へ切り替えることで、利用者の負担が増え、利用率向上にはつながらないので誤となります。

4. イントラネット(企業内ネットワーク)で献立表の配信をすることは、プロモーションの4Pのプロモーション(販売促進)になり利用率向上につながるので正となります。

5. 混雑している食堂のレイアウトを変更することで、スムーズに利用することができ利用率向上につながるので正となります。

よって正解は3. となります。

2016/07/17 17:41
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。