過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

公衆衛生の歴史に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 高木兼寛は、我が国で初めて大規模な食事介入研究を実施した。
  b ジョン・スノウは、結核菌発見前に結核予防対策を実施した。
  c 厚生省(現厚生労働省)は、第二次世界大戦後に発足した。
  d 検疫は、中世ヨーロッパのペスト流行がきっかけで実施されるようになった。

 1 . 
bとc
 2 . 
aとd
 3 . 
aとc
 4 . 
aとb
 5 . 
cとd
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

a. 海軍の軍医であった高木兼寛は、1882年軍艦乗組員が272日の航海で169人が脚気となってしまったことにより、翌年同じ航路を航海する際に給食に要職を取り入れたところ脚気になったのは14人に減少しました。脚気の予防が日本における栄養改善活動のきっかけとなりました。よって正となります。総合的な研究が続けられ1910年に鈴木梅太郎によって脚気予防にビタミンB1が有効であることが発見されました。

b. ジョンスノウはロンドンで遭遇した大疫病にヘンリー・ホワイトヘッドと一緒に徹底した調査を行い井戸の水が関係していることを発見し、井戸を使用できないようにし、終息させました。よって誤となります。

c. 厚生省(現厚生労働省)は1983年(昭和13年)に発足しているので第二次世界大戦前であり、誤となります。その後2001年(平成13年)に厚生労働省が誕生しました。

d. 検疫は、中世のヨーロッパで流行したペストがきっかけで始まったので正となります。

よって正解は、2. aとd となります。

2016/07/31 07:50
ID : ftvfcgqaq
0

b.ジョン・スノウは、コレラの流行に井戸が関係していることを発見し、予防対策を考えました。

c.厚生省は第二次世界大戦前に発足しました。

2015/07/17 22:54
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。