過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

症例対照研究に比べて、コホート研究が優れている点である。正しいものの組合せはどれか。

  a 要因曝露情報に、偏り(バイアス)が生じにくい。
  b 稀な疾病を研究しやすい。
  c 費用・労力が少ない。
  d 罹患率を計算することができる。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとd
 3 . 
bとc
 4 . 
aとc
 5 . 
cとd
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

症例対照研究とは、ある集団における注目した疾病に罹患した症例群と罹患していない対照群において、仮説として原因と考えられる因子の曝露状況を比較することです。

コホート研究とは、ある集団における仮説として原因と考えられる因子の曝露を受けている症例群と、受けていない対照群において、追跡し、2集団間の疾病の発生状況を比較することです。

それぞれの長所は、症例対照研究はコホート研究に比べて、
・観察期間が短く、費用がかからない。
・追跡調査も不要で、まれな疾患の調査に向いている。
・交絡因子(バイアス)の影響を受けやすい。

コホート研究は症例対照研究に比べて、
・曝露群と非曝露群それぞれから発生する疾病の頻度を直接測定できる。
・罹患率や相対危険度を求めることができる。

上記より、選択肢aとdはコホート研究のこと、選択肢bとcは症例対照研究のことを指しています。

よって、正しい組合せは2番のaとdです。

2016/08/23 19:18
ID : hvhomzxu
0

コホート研究の利点は、
①仮説が証明しやすい。②相対危険度を測定できる。③バイアスが生じにくい。④時系列で観察が可能。⑤発生率、罹患率が観察できる。
などがあげられます。

2015/07/05 21:08
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。