過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

一次救命処置に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 口対口人工呼吸法(mouth-to-mouth法)
  b 心電図のモニタリング
  c 頭部後屈による気道確保
  d アドレナリンの静脈内注射

 1 . 
bとc
 2 . 
aとb
 3 . 
aとd
 4 . 
cとd
 5 . 
aとc
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

一次救命処置とは、特殊な器具や薬品を使うことなく、医師以外の一般人(現場に居合わせた人)であっても、行なってよいとされる基本的な救命処置のことです。
気道確保や人工呼吸、胸骨圧迫心マッサージなどを一次救命処置と呼びますが、自動体外式除細動器(AED)を使うことも含まれています。
これに対して、二次救命処置とは、医療器具や
薬剤を使って、医療従事者が行う心肺蘇生法のことです。

上記より、
aとcは一次救命処置で、bとdは二次救命処置です。

正しい組合せは5番のaとcです。

2016/09/03 08:48
ID : hvhomzxu
0

b.二次救命処置にあたります。

d.二次救命処置にあたります。

2015/07/07 17:30
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。