管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15840問 出題

問題

感覚器に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
味蕾からの信号は、舌下神経により伝えられる。
 2 . 
蝸牛からの信号は、顔面神経により伝えられる。
 3 . 
ロドプシンは、光の網膜照射によって分解される。
 4 . 
音は、半規管によって電気信号に変換される。
 5 . 
瞳孔は、強い光が網膜に照射されることによって散大する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
1.味蕾からの信号は、顔面神経や舌咽神経により伝えられます。

2.蝸牛からの信号は、内耳神経により伝えられます。


3.ロドプシンは、レチナールとオプシンから成り、杆体視細胞に含まれる視物質で、明暗を認識します。
よって、正しい答えとなります。

4.音は、蝸牛によって電気信号に変換されます。

5.瞳孔は、強い光が網膜に照射されることによって縮小します。



評価後のアイコン
2016/09/04 11:40
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.味蕾からの信号は、顔面神経、舌咽神経、迷走神経により伝えられます。

2.蝸牛からの信号は、内耳神経の蝸牛神経により伝えられます。

4.音は、コルチ器にある有毛細胞で電気信号変換されます。

5.瞳孔は、強い光が網膜に照射されることにより収縮します。
評価後のアイコン
2015/07/07 20:10
ID : eeckczncj
評価する
0
評価しない
1.× 味蕾からの信号は、顔面神経や舌咽神経により伝えられます。
 舌下神経は、運動神経で舌の運動に関わります。
 舌の前2/3の味覚に関わるのは顔面神経で、舌の後1/3の味覚に関わるのは舌咽神経です。

2.× 蝸牛からの信号は、内耳神経により伝えられます。
 伝音系(外耳と内耳)によって音波が内耳へ伝えられると、蝸牛にあるコルチ器が感受し、内耳神経(蝸牛神経)を通して大脳皮質側葉上部にある視覚野へ情報を伝達します。

3.○
 ロドプシンは、レチナールが光受容体たんぱく質のオプシンと結合して形成されています。

4.× 音は、蝸牛によって電気信号に変換されます。
 半規管は、内耳にある回転運動の感覚器官で、平衡感覚をつかさどります。

5.× 瞳孔は、強い光が網膜に照射されることによって縮小します。
評価後のアイコン
2017/10/02 13:58
ID : hgqfmyyrk
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。