過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 応用栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

特殊環境とそれに対する身体の変化に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 低温環境では、皮膚血流量が減少する。
  b 高温環境では、血中抗利尿ホルモン(ADH)濃度が低下する。
  c 低圧環境では、血中ヘモグロビン濃度が低下する。
  d 無重力環境では、尿中カルシウム排泄量が増加する。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
bとc
 4 . 
cとd
 5 . 
aとd
この問題の解説(4件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

a.正解。

b.高温環境では、体内の水分喪失を減らすために、尿への水分排出を抑えるべく血中抗利尿ホルモン濃度(ADH)が上昇します。

c.低圧環境(酸素が少ない状態)では、血中ヘモグロビン濃度が上昇して、酸素を運搬しようとします。

d.正解。

2016/12/05 18:53
ID : eesrqqyst
0

a.正しいです。

b.高温環境では、尿への水分排出を抑えるために血中抗利尿ホルモン濃度(ADH)が上昇します。

c.低圧環境では、血中ヘモグロビン濃度が上昇します。低酸素状態に対応するため、酸素運搬能力が亢進するからです。

d.正しいです。

2016/11/02 00:07
ID : nzrkzrzcqm
0

a.低温環境下では体温維持のために熱産生が増加しエネルギー代謝が亢進します。皮膚血管が収縮して血流が抑制され熱の放散を抑制するので正。
その他に基礎代謝量が増加する、体温維持のためにアドレナリンの分泌増加、甲状腺機能亢進による非ふるえ熱産生、体のふるえによる熱産生などがある。

b.高温環境下では、脳下垂体後葉より抗利尿ホルモン(バソプレシン濃度を上昇)の分泌が増加し、尿量を減少させることで体液を保持するので誤。

c.低圧環境では、低酸素状態に対応するため、酸素運搬能力を亢進させ、血中ヘモグロビン濃度が上昇するので誤。
その他に水分要求の低下によって脱水状態になりやすい、血中酸素濃度低下による食欲の減退、エネルギー代謝の亢進、皮膚血流量の減少などの症状があります。

d.無重力環境では、骨に負荷がかからないため、骨が弱くなり骨からカルシウムが溶け出します。そのため、血中のカルシウム濃度が上昇します。血中のカルシウム濃度は一定に保たなければならないので、余分なカルシウムは尿中に排泄され、尿中カルシウム濃度が上昇します。よって正。

→aとdが正しいので、答えは5となる。

2016/01/27 23:12
ID : ftvfcgqaq
0

b.高温環境では血中抗利尿ホルモン濃度(ADH)が上昇します。高温環境では脱水を抑える必要があります。尿への水分排出を抑えるために血中抗利尿ホルモン濃度は上昇します。

c.低圧環境では酸素濃度が低下するため、血中ヘモグロビン濃度は増大します。

aとdは正しいので、答えは5となります。

2015/08/29 12:29
ID : ydyrzajgk
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。