過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

個人や小集団を対象とした栄養カウンセリングに関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
小集団とカウンセラーの信頼関係のことを、グループダイナミックスという。
 2 . 
クライアントの話は、同情の気持ちを持って傾聴する。
 3 . 
心理的な問題の治療を目標とする。
 4 . 
小集団で成功体験を聞くことは、モデリングになる。
 5 . 
開かれた質問は、「はい」「いいえ」で回答を求める。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 4 です。

栄養教育論/栄養教育のための理論的基礎からの出題です。

1.グループダイナミックスとは、集団で行動するときに相互関係から生まれる力のことです。

2.クライアントの話は、情報・態度・行動を共有するような態度で聴きます。ありのままに話を聴きます。

3.栄養カウンセリングはカウンセリングの技法を用いて栄養に関する相談を行います。食行動に焦点をあてますので、心理的な問題に限定されません。

4.正しい記載です。モデリングとは、他者を観察することで自信の行動変容につながることです。

5.開かれた質問とは、自由な内容で答えることのできる質問です。

2016/11/19 20:02
ID : oovsedpp
0

1.ラポールはフランス語で「信頼関係」のこと。この信頼関係が形成されないと、指導はうまくいかない。
グループダイナミックスとは、集団力学のこと。

2.カウンセリングの基本は、まず聴くことで、相手の話を真剣に、批判せずに中立的な立場で傾聴し、相手をあるがままに受容し、その中でその学習者に固有の問題を探っていく。よって同情ではない。

3.心理的な問題の治療は栄養カウンセリングではない。

4.モデリングとは、学習者が他者の行動を観察することによって大きく影響を受けることなので正。

5.開かれた質問…漠然とした全体的な情報を求める質問で、気持ちや感情を表現しやすくなる質問。
閉ざされた質問…「はい」「いいえ」で答えられるような特定の情報だけを求める質問。

よって、4が正。

2016/02/17 23:45
ID : ftvfcgqaq
0

1.小集団とカウンセラーの信頼関係のことをラポールといいます。カウンセリングではこのラポールの形成が重要です。

グループダイナミクスとは小集団の人々がお互いに高めあったり刺激しあったりすることを言います。

2.クライアントの話に対しては、丁寧に耳を傾け、相手を理解できるよう傾聴する必要があります。同情とは異なります。

3.心理的な問題の治療は精神療法であり、栄養カウンセリングの目標とはなりません。

5.閉ざされた質問は、「はい」「いいえ」で回答を求めます。
開かれた質問では、「どのように~しましたか?」のように質問をなげかけ、相手に自由に話してもらえるようにします。

2015/08/31 20:21
ID : ydyrzajgk
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。