管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15941問 出題

問題

消化器系手術前後の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
嚥下障害は、食道癌術後の合併症である。
 2 . 
胃全摘術後の貧血の原因は、ビタミンB1欠乏症である。
 3 . 
転移のない食道癌の手術では、回腸瘻を造設する。
 4 . 
後期ダンピング症候群では、生理的食塩水を補給する。
 5 . 
ダンピング症候群は、胆嚢摘出術後に起こる。

この管理栄養士 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解は 1 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1.正しい記載です。切除部位の狭窄などによって嚥下障害が起こります。

2.胃全摘術後の貧血の原因は、ビタミンB12欠乏症です。

3.回腸瘻を造設することもありますが、必ずしも回腸瘻であるとは限りません。

4.後期ダンピング症候群では低血糖症状が出現します。

5.ダンピング症候群は胃切除術後に起こる症状です。
評価後のアイコン
2016/11/19 20:25
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.食道癌術後は吻合部の障害や反回神経麻痺などにより、嚥下障害に陥ることがあるため、食物形態を工夫しなければならないことが多く、摂食量が不足しがちなため、長期経管栄養法や静脈栄養による補助が必要になることも多い。よって正。

2.胃全摘術後の貧血の原因は、鉄分の摂取・吸収不良、内因子の欠損によるビタミンB12の欠乏などによるので誤。

3.食道癌術後には経口摂取不足に陥るので、手術中に栄養を目的とした省庁カテーテルを留置することも多く、早期に経腸栄養を開始し十分な栄養療法を行うことができるが回腸瘻である必要はないので誤。

4.後期ダンピング症候群は、胃の内容物の急速な排出によって腸管からの炭水化物の吸収が増大すると、高血糖になり、過剰にインスリンが分泌され、逆に低血糖になってしまうことで起こる。1回の食事量を少なくし、ゆっくりと時間をかけてとるようにし、症状が現れたときには、飴など少量の糖分を摂取すると治まることが多い。よって誤。

5.ダンピング症候群は胃切除後に起こるので誤。

よって正解は、1.となる。
評価後のアイコン
2016/03/30 21:25
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。