過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

特定健診・特定保健指導における特定保健指導に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
特定健診で「要精査」、「要治療」となった者を対象に行う。
 2 . 
疾病の早期発見・早期治療を目的とする。
 3 . 
健康増進法に規定されている。
 4 . 
特定健診結果等により対象者を階層化の基準に基づいて分類する。
 5 . 
対象は40~65歳の医療被保険者である。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1 特定保健指導は特定健診の結果と質問票により、「情報提供」、「動機付け支援」、「積極的支援」グループに分けて行われます。情報提供については受診者全員に行われます。

2 特定保健指導はメタボリックシンドロームの予防、早期発見を目的として行われます。

3 特定保健指導は高齢者の医療の確保に関する法律に規定されています。

4 特定保健指導の階層化には「情報提供」、「動機付け支援」、「積極的支援」があります。

5 特定健康診査・特定保健指導は40歳から75歳未満の医療被保険者が対象です。

2015/07/12 16:10
ID : wgycdsowg
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。