管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15963問 出題

問題

下図は、主要国の食料自給率(カロリーベース)の推移を示している。A~Dに該当する国として、正しいものの組合せはどれか。
問題文の画像
 1 . 
A:オーストラリア--- B:英国---- C:米国----- D:日本
 2 . 
A:米国------- B:英国------ C:日本----- D:オーストラリア
 3 . 
A:英国------- B:米国----- C:オーストラリア----- D:日本
 4 . 
A:米国------ B:オーストラリア---- C:英国----- D:日本
 5 . 
A:オーストラリア—B:米国----- C:英国----- D:日本

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
カロリーベースの食料自給率は、日本食品標準成分表をもとに、重量を供給熱量に換算したうえで算出したものです。

農林水産省の報告によると、先進国のカロリーベース食料自給率は、
オーストラリア:223%
米国:130%
英国:63%
日本:38%
となっています。
よって正解は5.です。
評価後のアイコン
2017/10/06 16:03
ID : gkjfrjgd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5。

日本の食料自給率(カロリーベース)は1965年頃で約73%、右肩下がりで現在は約40%前後です。
また諸外国においては、アメリカ128%、オーストラリア237%、イギリス70%となっており、世界的に見ても日本の食料自給率がいかに低いかがわかります。
評価後のアイコン
2017/05/30 05:07
ID : kktwfqssnq
評価する
0
評価しない
平成23年のデータによると諸外国のカロリーベース食料自給率は以下の通りです。

主要先進国で比較すると、カナダ258%、フランス129%、アメリカ127%、ドイツ92%、イギリス72%、イタリア61%、日本39%と日本は先進国の中では最低となっています。

数年うちの諸外国のカロリーベース食料自給率に大きく変化はありません。

したがって5のA:オーストラリア、B:米国、C:英国、D:日本が正解となります。
評価後のアイコン
2015/07/28 14:52
ID : wgycdsowg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。