過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

入院時食事療養の費用の算定に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
時間外のおやつは、1回の食事として算定できる。
 2 . 
患者の自己負担額は、特別食加算の有無では変動しない。  /   入院時食事療養(Ⅱ)では、特別食加算を算定できない。
 3 . 
特別メニューでは、追加上限額が定められている。
 4 . 
正答が2つあったため、変則になっています。
 5 . 
食堂加算は、1食ごとに算定できる。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

入院時食事療養費は、保険医療機関に入院したときに必要となる食費について、その一部を支給するものです。

1 誤
一日の必要量を数回に分けて提供した場合には、提供された回数に相当する食数として算定して差し支えないこと。(ただし、食事時間以外に提供されたおやつを除き、1 日3食を限度とする。)とあります。

2 ○

3 誤
患者の病状などにより喫食できる食形態が変わるため、ニーズに合わせて特別メニューを提供します。特別メニューでの追加上限額というものは設定されていません。

5 誤
食堂加算は1日ごとに算定できます。

2015/08/03 16:37
ID : wgycdsowg
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。