過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 応用力問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

A町では住民が脳卒中に罹患し、その後遺症により介護保険の利用者が多くなり財政負担が増大している。そこで脳卒中を減らすため、その危険因子の1つである高血圧症を減らす対策を検討することとなった。対象者全体の血圧を10mmHg低下させることにより、介護給付費を5億円減らせるとの予測が立てられた。

この対策を予測するための分析手法である。正しいのはどれか。

 1 . 
費用効用分析
 2 . 
費用効果分析
 3 . 
感受性分析
 4 . 
リスク分析
 5 . 
費用便益分析
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

1 誤
費用効用分析とは生存年数とQOLの両方を考慮している分析方法です。

2 誤
費用効果分析とは生存年数の延長と検査値などの数値を用いる分析方法です。

3 誤
感受性分析は今回の経済評価には用いられません。

4 誤
リスク分析は今回の経済評価には用いられません。

5 ○
費用便益分析とはすべての効果を金銭で換算する方法です。

2015/08/03 19:06
ID : wgycdsowg
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。