過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40835問」を出題

問題

治療の種類とその例の組合せである。誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
対症療法 ――― 発熱の患者に対する解熱鎮痛薬の投与
 2 . 
原因療法 ――― C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法
 3 . 
化学療法 ――― 子宮頸がんに対する放射線照射
 4 . 
理学療法 ――― 脳梗塞後の麻痺に対するリハビリテーション
 5 . 
緩和療法 ――― がん患者に対する精神的ケア
( 第33回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1(○)対処療法は、症状を緩和、軽減する方法です。

2(○)原因療法は、疾患の原因を取り除く方法です。

3(×)放射線照射は放射線療法で、抗がん剤使用が化学療法です。

4(○)理学療法により運動機能を改善します。理学療法士さんが主に担います。

5(○)緩和療法は、体だけだはなく心の苦痛も緩和していきます。末期患者等に用いられます。
評価後のアイコン
2019/08/24 21:04
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.〇
対症療法の目的は、症状を改善することです。

2.〇
原因療法の目的は、病気の原因を取り除くことです。

3.✕
子宮頸がんに対する放射線照射は、化学療法ではなく、放射線療法です。
化学療法の目的は、薬物を使用し、病気の原因である物質を阻害することです。

4.〇
理学療法の目的は、運動機能の維持と改善です。

5.〇
緩和療法の目的は、痛みをできる限り取り除くことです。
評価後のアイコン
2019/08/10 10:35
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.○ 対処療法は、症状を取り除いたり、緩和することです。

2.○ 原因療法は、原因を取り除くことです。

3.× 子宮頸がんに対する放射線照射は放射線療法です。
化学療法は抗がん剤を使用することです。

4.○ 理学療法は、ケガなどで運動機能が低下した状態を改善することです。

5.○ 緩和療法は心と身体の苦痛を和らげることです。
評価後のアイコン
2019/07/13 09:37
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。